代表取締役の名刺ひとつでさまざまなシーンで、状況を変えられる可能性が出てきます。

有益・無益で人付き合いを選ぶビジネス社会だからこそ効果が大きい代表取締役の名刺

MENU

 

会社経営者の魅力のひとつには、株式会社の社長の場合であれば「代表取締役」という肩書きが付きます。
代表取締役の肩書きが入った名刺を持てるという事はビジネスにおいて非常に効果が高いです。

 

大企業でも中小企業でも肩書きは変わらない

 

名刺交換のバナー

会社そのもので見れば上場企業と非上場企業や、従業員10人以上・100人以上、資本金○○万円といった感じでランク分けもされますが、大きい会社でも小さい会社でも、会社経営者の代表取締役という肩書きは変わりません。

 

例え1人だけで企業した小規模の会社であっても、名刺交換を行えば、相手からは「社長なんだな。」と思われるのです。

 

 

 

名刺ひとつで相手の態度が変わる

 

名刺ひとつで相手が下手に出る

 

人間関係というのは、自ずと上下関係というものが発生してきます。

 

人の上下関係というのは、会社内であれば役職や入社時期による先輩・後輩、取引先であれば、発注者・受注者・委託者などで明確に上下関係が決まる事もありますが、明確な上下関係の基準がない時やその時点では分からない時というのは人は相手を見て判断します。

 

単純に自分よりも若そうな人や、頼りがいがなさそうな人、口があまり上手でない人を相手にした時点で勝手に独自で上下関係を判断して態度を変える人というのは多いです。中には企業間の間では立場的な上下関係が発生して有利な立場にいたとしても、若い・平社員などの見た目という理由から、下に見てくる人も多く、人付き合いの上下関係や強弱関係は見た目で決まってしまう事が多いです。

 

人の見た目というのは、頼りがいなどは多少は努力で変えられる部分があっても、年齢をはじめ努力をしても簡単には改善されない問題も多いです。しかし、代表取締役の名刺というのは、こういった通常であれば見た目で決まってしまう上下関係を覆す事も可能になります。

 

 

 

代表取締役という肩書きだけで、入ってくる情報量が違う

 

例えば取引先など、他の会社の社長などと話をする場合、通常の従業員であれば仕事に関しての深い話はしない事は一般的です。

 

しかし、代表取締役の肩書きがある社長同士という関係になると、浅い付き合いの関係であってもビジネスについての深い話や、それぞれの会社の現状、中には売上や利益の話などさまざまな情報交換に応じてくれる事があります。

 

企業して社長になった瞬間に、人としては大して変わっていないのに、見えてくる世界がガラリと変わる事があるのは、肩書き一つで入ってくる情報が一気に増えるという要因が大きいからです。

 

 

 

営業活動が有利になる

 

会社や個人というのは、多い少ないはあっても日常的に何かしらの営業をかけられている事がほとんどだと思います。

 

営業をかけられる事に慢性化している人は、新しい商材やサービスを売り込む営業が来た時にはほとんどが話を聞こうとしてくれません。
しかし社長自ら何かを売り込みに来た時には、話だけでも聞いてみようかなと思ってしまうのが人の心理です。

 

代表取締役という肩書き一つで、「良いサービスや通常では受けてもらえないような条件を呑んでもらえるのではないか?」「有益な情報交換が期待できる。」などと営業を受ける側が勝手に興味や期待を持ってもらう事ができるのです。

 

まずは相手に話を聞いてもらわないとはじまらない営業活動において、代表取締役の名刺というのは非常に大きな威力を発揮します。

 

 

 

 

代表取締役の名刺があれば、人脈が広がる

 

会社経営者というのは、普段の仕事では会社の規模に関わらず孤独感を感じている人が多く、他の会社関係者と交友関係を広げる人は多いです。

 

ビジネスというのは、同業でも全く関係ない業種でも人の繋がりは非常に重要で、他の会社の経営者などの人脈が広がれば自然とビジネスチャンスも広がってきます

 

代表取締役の名刺を持っているだけで、会社経営者限定の異業種交流会や、小規模な会社経営者同士の飲み会などに声がかかるようになります。こういった所に一度参加すると、そこで知り合った人を経由して他の会社経営者とも人脈ができるなど、本人のやる気次第で人脈をいくらでも広げていく事が可能となります。

 

中には、「会社の仕事の大半を社長が飲み会で取ってきている。」という話も珍しくなく、直接売上に結びつかなくても、何かをしようとした時に他の会社経営者との人脈が広ければ、何かしら役に立つ業種の人が現れるようになります

 

このようにビジネスというのは人脈が重要で、代表取締役の肩書きが入った名刺があるだけで、人脈を広げるチャンスはとても大きくなります